忘年会で太らないために

こんにちは。さっき、逗子市市長選挙の期日前投票に行ってきましたよ。逗子はどうなっていくのかしら!

さて、今日いらっしゃったダイエット中のお客様が「忘年会が2つも続いて、体重が戻ってしまったんです・・・泪」とお話しくださいました。前回の施術後、体重が減ってキープ出来てたのに・・!
原因はいろいろ考えられますが、このシーズンはどうしても皆で集まったり、外食する機会が増えると思いますので、せっかくの努力がムダにならないように気をつけていただきたく、ポイントは5つ!

忘年会で太らないための五箇条

1)食べる分を予め決めて取り分ける
会食って、大皿料理が多いですよね。コースで出てくる場合は別ですが、大皿だったら、自分が食べる分を一度だけ取り分ける。と、どれだけ食べているか把握しやすく、食べ過ぎ防止になります。ちょっと控えめに取って、もうちょっと〜♪とかやってると、結果としてどれだけ食べたか分かりにくくなります。

2)途中で箸を置く
美味しいものは次から次へと食べたくなる気持ちは分かりますよ!でも、脳みそと胃袋は必ずしも連動していません。別腹という言葉があるように、お腹いっぱいでも美味しそうなものを見ると食べれてしまったりします。そんな時は少し冷静になるためにも、お箸を一度置きます。そしてお水を一口飲んでみてください。お箸を持ったままだと、欲望のままに、または惰性で食べ続けてしまう恐れがあります。

3)周りに流されない
よく聞くのが「一緒に居た人がパスタを頼んで〜ホントは食べないほうがいいって分かってたんだけど、食べちゃった!」
もうそんなの聞きたくないです。笑 人付き合いも分かります。そして食べないと「なんで食べないの?」と言ってくる方もいらっしゃると思います。でも、痩せたかったらノラリクラリかわしてみてください。どうしても断れないときは少しだけ自分でよそって、食べない。です。

4)出来るだけ糖度の低い飲み物
飲みやすいカクテルや梅酒、日本酒、ビールは糖度が高くカロリーも高いです。要注意!ワインもできれば避けたいところです。飲むなら焼酎かウィスキーがおすすめです。そして飲みすぎると満腹中枢がおかしくなるので、気をつけてください。

5)翌日は調整日
それでも、もし食べすぎてしまった〜(-_-;)というときは、翌日さっそく調整日として、食べる量や内容を調整して、ちょっと足りないぐらいで1日終えると戻せると思います。(個人差あります)運動のほうが得意な方は、走ったりしてもいいかもですね。

ホントはもっと気をつけることはあるんですが、沢山だとやる気が失せそう笑なので、このあたりにしておきます〜!!ちなみに、上記は私もダイエット中だとやっています。

がんばって年末乗り切りましょう!

デトックス痩身・小顔サロン ラグナ 岩野倫子
住所:逗子市逗子2-6-22三富ビル2F
TEL:046-890-2558

LINEでもメッセージのやり取りができます↓
友だち追加数

関連記事

  1. いろいろ気をつけているのに浮腫んでしまうんです

  2. ケアしても浮腫むのはどうして?

  3. 理想の脚って?

ブログ読者登録

記事をアップしたときにお知らせします。