なぜ野菜ファーストがいいの?

こんにちは。

このあいだ、お客様がこんなことをお話しくださいました。

「食事ってやっぱりサラダを最初に食べたほうがいいんですよね?」

なぜ野菜を最初に食べたほうがいいかご存知の方もいらっしゃると思いますが、おさらい!

1)血糖値の上昇を緩やかにする
食事により血糖値が急に上がると、インスリンが大量に分泌されます。
そうなると、血中で急激に増えた糖質を減らそうとインスリンが働くため、脂肪の合成が促進されます。
よく言う、食品のGI値っていうのが関係しています。

野菜は米に比べてGI値が低いですよね。

それと、野菜は5〜10分ほど時間をかけて食べたほうが意味があります。
3分で全ての食事を終わらせると、血糖値がとか言っているヒマもないので意味がありません。

2)食事の満腹中枢を刺激
生野菜をしっかり噛んで食べることは、満腹中枢を刺激することになります。
いきなりカレーライスを飲むように食べるより、満足度の質が上がります。

3)要らない糖質や脂質の排泄
よくある、食べたことをなかったことにする系のサプリメントに多いのが難消化性デキストリンです。
これは簡単に言うと食物繊維です。
食物繊維が余分な脂肪や糖質を丸め込んで排泄を促進してくれる、というものです。

野菜には食物繊維が多く含まれているため、そのような効果が期待できます。

そういう意味では、きのこや海藻、こんにゃく類なんかもおすすめです。

生野菜だと良く噛む利点がありますが、野菜ファーストという括りだと温野菜でも全然いいと思います。

これでいきなり体重が減るとかはありませんが、少なくとも太りにくい食事に近づけます。
コツコツ続けることが良い結果につながると信じてます!

デトックス痩身・小顔サロン ラグナ 岩野倫子
住所:逗子市逗子1-9-41-2F
TEL:046-890-2558
営業時間:9:30〜17:30、日曜祝日と隔週木曜午後お休み

LINEでもメッセージのやり取りができます↓
友だち追加数
Instagramではサロンや美容の情報を配信しています↓

関連記事

  1. 年末年始の食べ過ぎ防止策ってないですか?

  2. プランクで腰が痛い時は?

  3. キャビテーションってなんですか?

ブログの更新通知を受け取る