内臓脂肪ってなんでつくの?

こんばんは。
今日はなんだか涼しいを通り越して寒かったですね。あんなに暑かった夏が昔のことのようです。

さて、今日ご来店くださったお客様、お腹痩せをご希望でいらっしゃいました。
「内臓脂肪も落とすと、もっとお腹痩せできそう。」そんなふうに思ったので、お伝えしたとろ、「なんで内臓脂肪ってつくんですかね?」とご質問下さいました。

内臓脂肪はその名のとおり、内臓の周りに付いてしまう脂肪のことです。
下腹部だけでなく、お腹全体ポッコリな感じです。

この脂肪は、 脂質と糖質からできています。摂り過ぎです。 消費しきれなかったエネルギーが中性脂肪となって内臓まわりに蓄積されるのです。
メタボ、とか、生活習慣病の原因、とか言われます。

減らすためには、
・代謝をあげる
・食事内容に気をつける(糖質の摂り過ぎ注意、アルコール量、間食など)
・消費しきれないエネルギーを摂らない
・適度な運動
・ラジオ波で燃焼促進
など

ちなみに、皮下脂肪は定期預金、内臓脂肪は普通預金と言われます。
内臓脂肪のほうが落としやすいって意味ですよ!

デトックス痩身・小顔サロン ラグナ 岩野倫子
住所:逗子市逗子1-9-41-2F
TEL:046-890-2558
営業時間:9:30〜17:00(木曜は12:30まで)、日曜祝日と木曜午後お休み

LINEでもメッセージのやり取りができます↓
友だち追加数

関連記事

  1. 内臓下垂って何?

  2. ムクミ改善に良い食べ物ってありますか?

  3. 理想の脚って?

ブログの更新通知を受け取る