ふくらはぎの浮腫み、どうにかしたい!

よくご相談を受けるお悩みの一つ、ふくらはぎの浮腫み(だるさ)。
夏になるとサンダルを履いたり、脚も出したりしたいのに、浮腫みによる太さが気になってしまう・・そんなお悩みをよくお伺いします。

浮腫みの多くは、余分な水分や老廃物の滞りが原因なのはすでにご存知の方も多いと思います。※浮腫みが長く続く場合は内臓疾患の可能性がありますので病院でご相談ください。

原因としては、クーラーなどの冷え、座りっぱなしなどで筋肉を動かさない、水分不足など。血行が悪ければ、その分リンパも流れていないですし、動かないのも筋肉ポンプが働かないので滞りにつながります。
そこで、デスクワークのあなたに!座ったまま、簡単にできるケア方法をご紹介します。

◆ヒザ裏を揉む
ヒザ裏には老廃物をろ過するリンパ節が存在しています。キューっと軽く押して、パッと離して。刺激を与えるとリンパの流れを助けてあげることができます。

◆ヒザ下伸ばし
下の画像のような感じで、ヒザ下の筋肉を伸ばしたり縮めたりすることによって、筋ポンプが働き、流れを促進させます。軽くでなくて、しっかり筋肉が使われていることを意識すると良いです。

デトックス痩身・小顔サロン ラグナ 岩野倫子
住所:逗子市逗子2-6-22三富ビル2F
TEL:046-890-2558

LINEでもメッセージのやり取りができます↓
友だち追加数

関連記事

  1. 代謝が悪いのは年齢のせいですか?

  2. ダイエットのモチベーションを保つには

  3. 年末年始の食べ過ぎ防止策ってないですか?

ブログ読者登録

記事をアップしたときにお知らせします。