どうして顔は歪むんですか?

吹き出し どうして顔は歪むんですか?

吹き出し そうですよね、できればお顔は歪まないで整っていてほしいものです。

意識して歪ませてるつもりもないのに・・・!と思う方もいらっしゃるのでは。

お顔が歪む理由としては

1)骨がたくさんある
例えば、頭の骨が1つで固まっていたら歪むことはありませんが、23個の骨から組み合わさってできているため、歪みやすいのです。

2)筋肉バランス
顔にもたくさん筋肉がついています。そして、食事をして噛んだり、笑ったりイラッとしたときに表情を作ったり、けっこう筋肉を使います。あなたは何かお顔のクセがありますか?
例えば噛むときに右だけで噛んでしまったり、作り笑いをすると左右均等に筋肉が動いてなかったり、しゃべるときに斜めに口を空けてしまったり。顔の筋肉の左右バランスが悪くなるとそれに引っ張られて顔が歪みます。
ちなみに、噛みしめるクセがある方は頬の筋肉が必要以上に発達して、エラ張りの原因になります。

3)寝る向き
横を向いて寝ていますか?
ダンナのいびきがうるさいから、右を向いていつも寝ているの。
そんな場合も、寝ている間に地球の重力で引っ張られたり、頭の重さが特定の場所にのしかかります。そして毎日睡眠をとるわけですから、その間に少しずつ歪んでいくのです。

4)体の歪み
人間は重力に逆らって二足歩行しているわけですが、どこかが歪むと、それに合わせてバランスをとるために別の場所が歪みます。
例えば、骨盤の右が高くなってしまった場合にそのままだと左に倒れてしまうので、背骨や首が右に向かって曲がる、といった具合です。顔にかかる重力が左右で違えば顔は歪みます。

5)頬づえ
頬杖も一定の方向に力が加わるため、少しずつ歪んでいきます。アゴが例えば右下がりになったり、回転して左側の頬だけ大きく見えたり、それにつられてお顔全体に左右差が出てきてしまうので頬杖はたとえ可愛く見えたとしても良くないクセです。

と、挙げるとキリがなくなってしまうのですが、日常生活の何気ないクセにはやはり左右均等にクセを行なっていないことが多く、それがお顔を歪ませてしまう原因になります。
ふと気づいたときに自分のクセを見つけてみてくださいね。

美容矯正・リンパ痩身サロン ラグナ 岩野倫子