痩せると皮膚はたるんでしまうの?

先日、マイナス25キロを目標に通ってくださっているお客様が、こんなご質問をしてくださいました。
「やっぱり痩せると、皮がたるんじゃうんですかね?」

風船をイメージしてもらいたいのですが、しばらく膨らんでいた風船の空気を一気に抜くと、元の膨らます前の形に戻らず、少し伸びた感じになりますよね。
皮膚ももともと伸びる性質があります。なので、急に体重が減ると、伸びていた皮膚がその変化についていけず、たるんでしまいます。これは、年齢や体質、太っていた期間の長さなどで個人差がでます。そして、たるんでしまった皮膚は元のハリのあるお肌には戻りません。戻すのなら美容整形になってしまいます。

そうなるのはイヤですよね。では、なるべく皮膚をたるませないようにダイエットするには、急激な減量をしないこと、これ、とっても大事です。そして、運動をすること。これも重要です。

無理な食事制限による急激なダイエットは筋肉量も落としてしまうので、代謝が悪くなってリバウンドの原因にもなってしまうのですよ。それにお肌のツヤまで奪ってしまったり、少しのご飯でも生きていける省エネな体質になってしまったり。。極端なダイエットではなく、コツコツと代謝をアップさせたり、食生活を見なおしたりして、健康的にダイエットしたいですね。

デトックス痩身・小顔サロン ラグナ 岩野倫子
住所:逗子市逗子2-6-22三富ビル2F
TEL:046-890-2558

LINEでもメッセージのやり取りができます↓
友だち追加数

関連記事

  1. ふくらはぎの浮腫み、どうにかしたい!

  2. ダイエット中の便秘はどうしたらいいの?

  3. ドカ食いしてしまいそう・・!なときは。

ブログ読者登録

記事をアップしたときにお知らせします。