ハンガリアンウォーターって何?

吹き出し ハンガリアンウォーターがお肌にいいって聞いたんですが、いったいどんなものなのですか?

吹き出し ハンガリアンウォーターとは14世紀のハンガリー王妃エリザベートが70歳を過ぎたころ、リウマチにかかり苦しんでいたのを治すために僧侶が献上した代物。

それを王妃が塗ったところ、みるみる回復しただけでなく若さ美しさも取り戻し、20代の王子に求婚されたという逸話を持つ、アンチエイジングなハーブのリキュールです。

実は先日作りました!

我が家の庭にはいくつかのハーブを育てており(といっても、ほぼ放置でどんどん増えてしまって・・)、いまや、イタリアンパセリやオレガノ、ミントやルッコラ、パクチーなど完全に根付いて毎年温かくなると芽を出して大きく育ってくれています。

その中でも一番成長著しいのがローズマリー。

お風呂の入浴剤に使ったり、もちろんお料理にも使えますが、あまりにも大量なため「ハンガリアン・ウォーター」を作ってみることにしました。

ちょうど畑にミントも茂っているのでピッタリです!

【材料】
・ウォッカ35度以上のもの 750ml
・乾燥ローズマリー 25g
・乾燥ミント&生ミント 25g
・乾燥させたレモンの皮 7g
・ローズペタル 20g

※本当はレモンの皮をもう少し増やしたほうが良いのだと思います。
※レモンの皮でなくてレモングラスのレシピもあります。レモンの皮で作ると、仮にお肌に付ける場合は紫外線によるシミの原因になってしまいますので夜に使うのがよろしいかと。
※ミントは乾燥させたら意外に少なくなってしまって生ミントを投入しました。おそらく全部乾燥のほうがカビなどの原因になりにくいと思います。

密閉できる瓶にすべて入れます。

そして振ってなじませます。

現在冷蔵庫の野菜室で寝かせ中です。(冷暗所であればどこでも良いかと思います)

時々振って様子を見て行きたいと思います。

一ヶ月後、ハーブを取り出すまでおやすみなさい~!

ちなみに使用時はこのままでは使えないので1%で希釈して使用する予定です。

美容矯正・リンパ痩身サロン ラグナ 岩野倫子